自動車整備

自動車整備の資格と仕事

必要な受験資格


自動車整備士とはその名前の通り自動車の整備に関する業務を従事する者を対象として、自動車整備士試験に合格した者を言います。自動車のメンテナンスは、自動車の診断・点検・分解・組立・修理・調整等を行なうため、専門的な知識や技能を必須とされることが多いです。

そのため、自動車整備士の資格を保有することで、そういったメンテナンス業務を行なうことが出来るとされています。自動車整備士の種類には難易度に応じて三級から一級まで種類が存在し、級が小さいほど取得するのが難しくなる特徴があります。

また自動車整備士の試験を受けるためには受験資格が存在し、特に級に対応した養成施設での習得や実務経験によって、受験できる級の種類が違ってきます。まず三級は初歩的な資格とされ、一般の学校を卒業後一年以上の実務経験があれば誰でも受験することが出来ます。

その他に三級は大学ゴルフ07や高校で機械科を卒業したら半年間の実務経験だけで受験でき、高等学校の自動車科卒業者などの三級整備士養成課程を修了すれば、卒業と同時に受験も可能となります。なお二級を受験することが出来るためには、三級の資格取得後所定の実務経験を積むか、二級整備士養成施設を卒業する必要があります。

そして最上位の一級整備士の資格取得については、二級整備士合格後に二年間の実務経験を積むか、一級に対応した養成施設を卒業すれば一級整備士の受験をすることが可能となります。


コメントを受け付けておりません。