自動車整備

自動車整備の資格と仕事

主な就職先とは


自動車整備士とは、自動車整備業において自動車のメンテナンスをする者の中で、自動車整備士国家試験に合格した者を指します。
自動車整備士と一言で言っても、一級小型自動車整備士や二級自動車シャシ整備士、二級ガソリン自動車など様々な資格があります。
多くの人は自動車整備の専門学校や短期大学等に入学し、資格を取ります。
それでは、自動車整備士にはどのような就職先があるのでしょうか。
まずなんといってもメインになってくるのは自動車メーカーへの就職です。
そしてそのメーカーに紐付くデーラー(販売店)への就職となります。
それ以外にも中古自動車屋、モータースショップなど様々です。
またあまり知られていないですが、某大手電装屋さんでも自動車整備士を募集しています。というのも、某大手電装屋はサービス店を持っており、そこで働くメカニックを必要としているのです。
最近では円安の影響により自動車産業は好調を維持しています。その中で、自動車整備士の少なさが問題となっています。
自動車産業の先行きの不安なのか、自動車に興味を持つ若者が減ったことが原因なのかはわかりませんが、今自動車整備しが注目されてることは間違いありません。
自動車をいじることが好きな方は、勉強してみると良いかもしれません。


早めに準備したい書類


自動車整備士試験は、自動車の安全を確保することと自動車を整備する従事者の技能の向上を目的として、自動車運送車両法という法律に基づいて行なわれる試験です。年に2回実施される試験で、学科試験が7月と11月の下旬、実技試験が10月上旬と3月下旬に実施されます。

なお自動車整備士の試験を受験するに当たっては、受験資格が存在するため、その受験資格に該当しない者は受験することが出来ません。受験資格には、高校や大学などを卒業して対応している実務経験があること、専門の養成所を卒業したことなどが条件とされます。

また自動車整備士の試験を受験するためには、その試験の種類ごとに最寄りの運輸監理部又は運輸支局に申請を行ないますが、その時には必要書類を提出しなければいけません。詳しくは最寄りの運輸監理部又は運輸支局に問い合わせれば教えて貰う事が出来ます。

その必要となる書類の内訳については、技能検定申請書が一葉、申請前6ヶ月以内に撮影した縦6cm×横4.5cmの写真、受験資格を有することを証する書面、受験手数料、葉書が学科試験2枚、実技試験2枚です。その他に試験の免除を受けようとする場合には、試験の免除を受ける資格を有することを証する書面も必要となります。

その中でも受験資格を有することを証する書面は、ある程度時間が掛かるケースも多いため、早めに準備しておくことが大切です。


実務試験が免除される条件


自動車整備士の資格を取得するためには、自動車行政を管轄している国土交通省が実施する自動車整備士の技能検定試験を受け、合格証書を交付されることが条件となっています。
この検定試験を直接申請する場合には、学科試験と実技試験という、両方の区分の試験に合格することが必要となりますが、こうした学科試験や実技試験が免除される方法も存在しています。
まずは、社団法人である日本自動車整備振興会連合会が実施している自動車整備技能登録試験の実技試験に合格した人、さらに国土交通大臣が指定した一種・二種の養成施設を修了した人については、実務試験免除申請とよばれる手続きをすることによって、国土交通省の技能検定試験の実技試験のほうが免除となります。
なお、国土交通省の学科試験のほうについても、日本自動車整備振興会連合会の学科試験に合格して、学科試験免除申請をしていれば、同じように免除というかたちになります。
なお、自動車整備士の種類としては、一級、二級、三級、特殊整備士という分類があり、同じ国家試験とはいってもそれぞれの級ごとに要求されるレベルは異なっているほか、特に一級については学科試験のなかに筆記試験と口述試験の両方が含まれています。


養成施設の役割


国では高度な知識と確かな技術を持つ自動車整備士を養成するために、全国に養成施設を開設しています。国土交通大臣が指定したこれらの施設において所定の課程を修了すると、自動車整備士技能検定実技試験等の免除が受けられます。
自動車整備士を養成するために施設は1種と2種の2つの種類があります。1種の施設はおもに自動車整備の実務経験が無い人を対象にしており、全国に約280もの施設があります。1種の施設には専門学校をはじめ高等学校、職業能力開発校があり、各施設によって養成できる整備士の種類がことなります。
これに対して、すでに自動車整備工場などで働いている人に、整備士としての資格を取得させる役割を果たしているのが2種の施設です。2種の施設は全国各地に約50施設ほど存在し、各都道府県の自動車整備振興会の自動車整備技術講習所がこれに該当します。すでに働いている人を対象にしているため、夜間や休日などに講習が行われており、この施設の所定の課程を修了すると、終了後2年間は実技試験が免除されます。なおこの2種施設では毎年4月頃と9月頃に受講希望者の受け付けをしていますが、詳細については各都道府県の該当施設に事前に確認したほうがいいでしょう。


国交省の講習と試験


自動車整備士の講習、試験の話をする前に自動車整備士についての説明をします。
自動車整備士とは、自動車整備業において自動車のメンテナンスを行う者のうち自動車整備士の国家試験に合格した者のことをいいます。従って、自動車整備士になる為には講習と試験を受ける必要があります。受験する為に必要なものは
登録試験受験申請書1通と受験資格を証する証明書、写真1枚に葉書学科試験2枚(一級の場合は4枚)、実技試験2枚です。受験の手数料は学科試験の場合は一級6200円、一級以外4200円、実技試験は12000円です。
平成26年度 第1回 登録試験の試験日は、学科:平成26年 10月5日 実技:平成27年 1月18日です。
整備講習の講習日はコースや種目によって異なります。自分の受けるコースや種目で調べましょう!
自動車整備士は国家資格で、一級、二級、三級等とあります。今までの過去問もネットで見ることが出来るので、挑戦すると良いですよ。試験は1問1点で、50点満点中40点以上が合格基準です。これは一級の場合です。何級を受験するのかによって合格基準が異なりますので、しっかりと確認することを忘れないで下さい。合格する為には、バランス良く勉強することが大切です。


必要な受験資格


自動車整備士とはその名前の通り自動車の整備に関する業務を従事する者を対象として、自動車整備士試験に合格した者を言います。自動車のメンテナンスは、自動車の診断・点検・分解・組立・修理・調整等を行なうため、専門的な知識や技能を必須とされることが多いです。

そのため、自動車整備士の資格を保有することで、そういったメンテナンス業務を行なうことが出来るとされています。自動車整備士の種類には難易度に応じて三級から一級まで種類が存在し、級が小さいほど取得するのが難しくなる特徴があります。

また自動車整備士の試験を受けるためには受験資格が存在し、特に級に対応した養成施設での習得や実務経験によって、受験できる級の種類が違ってきます。まず三級は初歩的な資格とされ、一般の学校を卒業後一年以上の実務経験があれば誰でも受験することが出来ます。

その他に三級は大学ゴルフ07や高校で機械科を卒業したら半年間の実務経験だけで受験でき、高等学校の自動車科卒業者などの三級整備士養成課程を修了すれば、卒業と同時に受験も可能となります。なお二級を受験することが出来るためには、三級の資格取得後所定の実務経験を積むか、二級整備士養成施設を卒業する必要があります。

そして最上位の一級整備士の資格取得については、二級整備士合格後に二年間の実務経験を積むか、一級に対応した養成施設を卒業すれば一級整備士の受験をすることが可能となります。


登録試験対策にやりたいこと


自動車整備士の資格を取得する為には、国土交通省が実施している自動車整備士の技能検定試験に合格する必要がありますが、日整連が実施している「自動車整備技能登録試験」に合格すれば国土交通省の行う検定試験が免除されます。
試験対策は2通りあると思います。時間に余裕があり、はじめて自動車整備学を学ぶ場合はテキストをきちんとノートの整理から始める方法です。時間はかかりますが、技術体系もしっかり勉強できます。もう一つの方法は自動車整備学の基礎力がある人向けで、時間がない方です。この場合は過去問を反復学習する方法が有効です。しかし、いずれの方法を選択するにしても、試験を受けるまでには過去5年分の問題を否応なしに理解し覚えることをお勧めします。時間に限りがある時は、一冊の問題集を徹底的に学習するのが有効です。
そして試験日が近づいてきたら、勉強に集中できる環境で記憶力を高めて行く必要があります。この試験は工学一般から法令まで広い試験範囲で実施されます。限られた時間でいかに効率的に解答するかが問われます。勉強に限らず「無理・無駄・ムラ」のない動きが必要になる仕事です。集中力を高め、合格したいという熱意を持続させることが大切です。ゴルフ06


資格の特徴とは


自動車整備士は国家資格です。国家資格とは国が法律に基づいて試験を行い、能力があると認められたものに対してだけ与える資格のことで、民間の団体が定める資格よりも権威があり、信頼できる資格であると認識されています。
国家資格はさらにいくつかの種類に分類することもできます。特定の資格を有していないと業務をすることも認められていない国家資格のことを業務独占資格と呼び、自動車整備士を含め弁護士や司法書士、社会保険労務士などがこれに該当します。職業上の地位が国によって保障されていることから人気が高い資格が多いのですが、それだけに難関資格が多いのも特徴です。
また自動車整備士は名称独占資格でもあります。これは有資格者のみがその名称を用いることができるとされている資格で、社会福祉士や栄養士、中小企業診断士などがこれに該当します。
さらに自動車整備士は必置資格でもあります。必置資格とは事業者が特定の業務を行う上で、必ず配置しなければいけないと定められている有資格者のことです。これは有資格者に管理させることで事業者が業務の信頼や安全を保証するというもので、気象予報士や宅地建物取引主任者、旅行業務取扱管理者などが代表的です。ゴルフ05